スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごあいさつ。。。

このたび、ブログを始めました。

pelemele2moyen.jpg


トワル・ド・ジュイの生地のこと、ジュイを使ったアイディア、手作りのこと、日々のこと、

フランスのお店や手芸事情など、綴っていきたいと思います。

**************

chien qui salue ジュイはお好きですか? 


私とトワル・ド・ジュイとの出会いは今から20年ほど前。

その当時、パリで美術史を学んでいた私は19世紀美術が専門。

講義の一つが19世紀の装飾美術についてでした。

絵画・彫刻・建築中心の普通の美術史の中ではあまりクローズアップされない

小芸術・装飾美術の歴史はとても新鮮で、その中で出会ったのが、

トワル・ド・ジュイの布地と壁紙でした。

以来、ずっと気になる存在で、

いつかヴェルサイユの近くにあるというジュイ・オン・ジョザスの街の

美術館に行ってみたい、、、と

何度もパリから郊外に延びるRERの路線図とにらめっこしたものでした。



それから十数年後、パリから田舎の村に引っ越して出会った手芸友だちTomoさん。

彼女と一緒にモンマルトルの生地やさん街に繰り出してから、

私のトワル・ド・ジュイ熱は一気に上昇。

なんと、憧れのジュイ・オン・ジョザスの美術館を初めて訪れたときには、

ジュイ生地で作った自分たちの作品を持参していました。

自分でもびっくりする勇気、Tomoさんと二人だからできたことです。

だから、お店もブログも二人のものです。

(Tomoさんのブログはもう少し先です。お楽しみに~♪)


**************


ジュイは不思議な布地です。

古いのに、新しい。

柄生地なのに、なぜかいろいろな色や柄が集まっても美しいのです。

そう、まるでいろいろな色の花が集まってブーケになるかのように、

美しいんです。

だから、お店の名前はFlorileges。

「詞華集」という意味のフランス語です。

美しい詞を集めたアンソロジー、転じて花のように美しいものの集まり、

という意味になります。


**************



新たなチャレンジ、ドキドキいっぱい、少しワクワク。

どうぞよろしくお願いします!


par Florileges*S
スポンサーサイト

月別アーカイブ

06  10  08  07  06  04  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  01 

ギャラリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。