スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初夏のエプロン、めがねケース&ペルメル

雨の恵みを受けて、ぐんぐん育つ植物たち。

P1100685.jpg


オレガノケントビューティも、気がつくと、

こんなに美しく枝垂れています。


庭は初夏の装いに。

P1100619.jpg

アガパンサスも

 P1100622.jpg

花開くまで、あと少し。


そんな初夏にふさわしい、明るいピンクの

エプロンのご注文をいただきました。

P1100566.jpg

水物語 ローズのホルターネックエプロン。

 P1100567.jpg

優しい上品なピンクのグラデーションと

柄の地の部分はオフホワイトのコントラストが

とても爽やかな印象の生地です。

P1100568.jpg 

首の後ろで結ぶリボンが後ろ姿も魅力的に!

P1100569.jpg 

エプロンの色に合わせて、

洗濯表示付タグも、今回は赤味の強い紫色。

beeさんに依頼して製作していただきたタグは、

全部で6色。

毎回、どの色をつけようか、選ぶのが楽しい~♪

Nさま、ご注文ありがとうございました。

長い間お待たせいたしまして、申し訳ありませんでした。

お友達が気に入ってくださいますように。



こちらは、大人気のマカロン柄の

P1100634.jpg 

めがねケース ミニバッグタイプ。

柄のフランボワーズマカロンとそっくりの

マカロンチャーム付です。

P1100635.jpg 

チャームは、sayakaちゃん製作。

P1100637.jpg 

いつも心を込めて、本当に丁寧に作ってくださいます。

sayakaちゃん、いつもありがとう!

YUWAのこの生地は、フランスでも

とっても人気があります。

P1100638.jpg 

スイーツの柄は子供っぽくなりがちですが、

 P1100640.jpg

この生地の柄はどれもおしゃれで、

めがねケースにしても、バッグにしても、

大人可愛く仕上がります。


そして、持ち手をシックなこげ茶色に、

内側のシミリ・キュイールは

P1100639.jpg 

大人っぽいトープ色にして、

大人が持ちたくなるめがねケースになりました。

Wさま、ご注文ありがとうございました。


こちらは、夏らしい色合いの

トワル・ド・ジュイのめがねケース。

P1100650.jpg 

目の覚めるようなショッキングピンクの

ゼフィール・エ・セラファン ティリアンと

上品な水色とベージュの配色が美しい

リュディヴィーヌ ブルークレール。


どちらも、明るい色合いなので、

P1100651.jpg 

革の持ち手はこげ茶にして、落ち着きを少しプラス。

内側のシミリも、

P1100652.jpg

アイヴォリーとグレーに。 

P1100653.jpg 

リュディヴィーヌ ブルークレールは、

P1100655.jpg 

薄手のキャンバス地やオックス生地のような生地質。

ゼフィール・エ・セラファンは混ポリエステル生地。

 P1100656.jpg

どちらもさらっとしてこれからの季節にぴったりの生地です。

Tさま、Kさま、ご注文ありがとうございました!

夏のお出かけのお供にご愛用くださいね。


こちらは、豊穣の籠(かご)ブルーで、と

ご依頼いただきましたペルメル。

P1100658.jpg 

ペルメル・キット用に塗装しているA4サイズの額に

最高級トワル・ド・ジュイ『豊穣の籠(かご)』を

合わせました。


これまで、この生地には黒やマットな金の額を合わせて、

落ち着いた雰囲気の作品に仕上げていましたが、

今回は、これからの季節に合わせて、

P1100659.jpg 

アンティークホワイトを少しムラを残しながら、

いつもよりしっかり目に塗った額と合わせてみました。


『豊穣の籠(かご)』は魅力的な生地です。

P1100660.jpg 

藍色にも、ターコイズブルーにも見える青には微妙なムラがあり、

それが上品な柄とともに、生地に深みと上質な雰囲気を生み出しています。


果実や穀物がたっぷりと入った籠と植物柄。

P1100662.jpg 

クラシカルな柄は、何度見てもうっとり。

今回は、できる限り、生地色、柄の美しさを

邪魔しないように、品の良い細めのサテンリボンを渡しました。

Wさまのお友達が気に入ってくださいますように。



この時期の植物の勢いは物凄く、

すでにこんなに大きく育った萩。。。

P1100691.jpg 

もうまもなく、アプローチの階段が通れなくなってしまいそう。


毎年、この時期に、ほぼ株元まで切り戻します。

ごめんね、と謝りながら、、、^^;

それでも、秋、花の頃には、今と同じくらいの大きさまで

育って、それは美しい萩の滝となります。

今年も楽しみにしているからね。


玄関横のブルーベリーも

P1100692.jpg 

実がいっぱいついています。

三本のうちの一本には、

P1100694.jpg

もうこんなに大きな実が。

もう一本は少し色づいてきています。

 P1100695.jpg

とりあえず、今日の収穫はこれだけ。

P1100696.jpg 

萩の剪定をした勢いで、

ラベンダーの花がらもカットして、切り戻し。

花の終わった花がらもまだまだいい香り、

そして、十分美しい。

P1100699.jpg 

リボンをかけて、、、。

アトリエに飾りましょう。


あと2日で7月!

オンラインショップでの販売準備もがんばらなくては。。。

明日もよい一日になりますように~♪


par Florileges*S



スポンサーサイト

続・インテリア茶箱~感動の瞬間

感動の瞬間。


それは、キットや生地が作品となり、

ご自宅に飾られるとき。


完成しました!飾りました!と

お写真をいただくとき。



先日のお茶箱レッスンにご参加くださいましたMさまから、

嬉しいお写真が届きました。


持ち帰られた日は、うっとりと、

一階のリビングでそばに置いて、

何度も眺められたそうです。



そして、昨晩、送ってくださったのが、

IMG_3253.jpg 

こちらの写真。

IMG_3234_2015062622144942e.jpg 

あまりにも、お部屋にぴったりで、、、

感動的な美しさです。。。



この白を基調とした美しいお部屋に置かれたいと伺って、

マダム・フィッセルをお勧めしたのですが、

本当に大正解でした!と、

喜びのメッセージもいただきました。

Mさまのお気に入りのお部屋が一層輝いています。


「ライトが当たったとき、本当に美しくて、、、」


「嬉しくて、

IMG_3255.jpg 

机の上に乗せてまで写したんです」と、

Mさまの喜びがあふれているお写真まで^^


お母さまも妹さまも絶賛してくださったとのこと、

私まで嬉しくなりました。



一緒に参加されたNさま、Oさまとも、

本当に可愛いお茶箱で、

また作りたくなってしまいそう!と

お話しされたそうです。

大島先生にもしっかりとお伝えしますね!


筋肉痛が出る前に湿布を貼って予防されたにもかかわらず、

予想外のところに筋肉痛が出て痛かった、とも^^;

分かります。

私もまさか、と思いましたが、筋肉痛出ましたから。


この筋肉痛は自分でこんな素敵なスツールを一日で仕上げた証。

達成感もひとしおですね。


お茶箱スツールにたくさんのリボンを収納したいと

仰っていたMさま。

お茶箱を開けるたび、座るたび、

先日の中身の濃い一日を楽しく思い出してくださいね。


もっと作りたい病が発病してしまいましたら、

ぜひご連絡ください^^/




par Florileges*S

大切な宝箱~お茶箱15Kボックス


神戸御影~インテリア茶箱・タッセル教室~アトリエ・レクランの

大島先生
は、私の20年来、

子どもが生まれる前からのお友達。


ヨーロッパ駐在の期間も重なっていたり、

どちらもほぼ同じ時期に男の子が生まれ、

夫同士はもっと古い友達同士。


この10年ほどは、お互い、日本とフランスに離れ、

なかなか会えずにいましたが、

気がつくと、二人ともハンドメイドの世界にいて、

不思議な縁を感じています。


ありとあらゆる芸を極めた大島先生から、

先日のインテリア茶箱レッスンの日に、

P1100632.jpg
 

素敵な、素敵なプレゼントをいただきました。

アトリエ開設のお祝いに、と

15Kの大きなお茶箱を作ってくださったのです。


私が一番最初に注文購入したトワル・ド・ジュイ

『豊穣の籠(かご)』ブルー。

思い出と思い入れがいっぱいの生地のお茶箱。

私の宝箱になりました。



完璧な柄合わせ。

P1100630.jpg


古美の金具も生地や茶箱の大きさに負けない重厚感たっぷり。


 P1100633.jpg


レールの生地は、二人であれこれ悩んで選んだ

グリーンがかったブルーのモアレ。

P1100628.jpg 

内側は上品なシャンパンベージュのサテン製本クロス。

P1100625.jpg 

美しいブレード仕上げ。

蓋を開けると、

P1100623.jpg 

フロリレージュのロゴが!

P1100624.jpg 

一つ一つに、優しい心を感じて、

ずっといつまでも眺めていたい。。。



先月の打合せのときも、

先日のお茶箱スツールレッスンの後も、

話し出したら止まらない二人。


生地のこと、お茶箱のこと、カルトナージュのこと、

タッセルのこと、アバジュールのこと、

家族のこと、ペットのこと、

フランスのこと、神戸のこと、

これからのこと、

人生のこと。。。


本当に再会できてよかった。

お互い、10年間、がんばってきてよかった。


レッスンの後、暗くなるまで話し込んでしまって、

白熱灯の明かりの下で二人で撮影した写真。

P1100612.jpg 

二人の初めてのコラボ企画を

この写真を見るたびに思い出すことでしょう。

わくわくドキドキが止まらなくて、

のめり込んだこの世界。

時には、忙しく慌ただしい現実からしばし離れ、

美しいもの、大好きなものに浸り、

今を忘れる手段でもある手作りの世界。


これからも、お互い、この世界で、

ほんの片隅でもいいから、がんばっていこうね。


私は、この大きなお茶箱のお礼に

何をお返しできるだろう。。。

少し時間をくださいね。



参加してくださったみなさんも

とても喜んでくださって、大成功のお茶箱レッスン。

大島先生は、確かな技術と洗練されたセンス、

入念な下準備に支えられた丁寧な指導をしてくださいます。

ご興味のある方は、ぜひお問い合わせください^^/



par Florileges*S






月別アーカイブ

06  10  08  07  06  04  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  01 

ギャラリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。