心からの感謝!

待ちに待った

文化村ザ・ミュージアム『トワル・ド・ジュイ展』スタートから、

ちょうど一週間経ちました。

IMG_9365_20160621230602021.jpg


今回、展覧会特設ショップへの商品製作・納品には、

本当にたくさんの方に助けていただきました。


なにしろ、これまでに経験したことのない納品数量。。。

通常は、Florileges*Sがすべて製作しておりますが、

今回ばかりは、とても一人ですべて製作するのは難しく、

途方に暮れる私に救いの手を伸べてくださったみなさんを、

心からの感謝の気持ちを込めて、紹介させてください。



大人気のホルターネックエプロンの製作を引き受けてくださったのは、

IMG_9294.jpg

洋裁のプロのお二人、

ten.10さんとChanter fabさん。

素敵なお洋服を縫われるお二人に引き受けてくださって、

本当に救われました!

ten.10さんのおしゃれなハンドメイドライフが綴られているブログは

どうぞこちらから

エプロン製作の記事もアップしてくださっています^^

Chanter fabさんの美しい写真いっぱいのブログは

どうぞこちらから。


そして、おしゃれなカフェエプロンの製作を引き受けてくださったのは、

私の古くからの友人で、インテリア茶箱・ランプシェードの講師をされている

アトリエ・レクランさん。

 IMG_9297.jpg

アトリエ・レクランさんは、昔からご自身で着るお洋服を

手作りしてしまうほど洋裁上手。

洋裁、フラワーアレンジ、お料理、お菓子、お茶箱、

カルトナージュ、タッセル、シェード、、、

何から何まで極めてしまうTさん。

ジュイ展特設ショップにて、フロリレージュのジュイ生地を使った

インテリア茶箱の受注製作もお願いして、

サンプル作品の製作もしなくてはいけない中、

まずカフェエプロンを先に仕上げてくださいました。

本当にありがとう!!!


そして、エプロン製作終了後、

素晴らしい集中力で仕上げてくださったお茶箱二種はこちらです。

IMG_9319.jpg

丁寧で緻密な手仕事をされるTさん。

要所要所がきりっと締まった、本当に美しい仕上がり。

こちらの『豊穣の籠(かご)』ブルー、

『リュディヴィーヌ』ベージュのほか、

シックな中に華やかさもある大胆な植物柄『グルナード』トープ、

grenade taupe


ワインを浸み込ませたような色むらと上品な古典柄が美しい

 P1110731_20160621234021dce.jpg

『キュピドン』アメジスト

こちらの4種類の生地でアトリエ・レクランさんが、

丁寧に製作してくださいます。

アトリエ・レクランさんのブログはこちらからどうぞ


そして、はぎれセットやエプロンのおしゃれな化粧カバーやレシピを

製作してくださったアトリエ・リベラのKさんは、

はぎれセットやキット各種の

IMG_8919.jpg 

IMG_8910.jpg 

IMG_8924.jpg 

セットアップまで手伝ってくださいました。

いつもいつも頼りにしてしまって。。。

本当にありがとうございます!!!

アトリエ・リベラさんには、

A803D370-9C68-494A-AA49-616FA400F00D.jpg 

VIRONさんのコンフィチュールにつけるタグ製作もお願いしました。

二つ折り2,5cmx3cmの小さなタグに、

ヴィロンさんのロゴ、展覧会のタイトルロゴ、

瓶の蓋カバーに使用したジュイ生地の画像と説明、

そして、フロリレージュのURL。。。

こんな小さなタグを引き受けてくれる業者さんが見つからず、

アトリエ・リベラさんが引き受けてくださり、

細部にまで納得のいくタグが完成しました。

さすがです!

アトリエ・リベラさんのインスタはこちらから。


バッグ作家のShu Shuさんにも、

お忙しい中、無理をお願いして、

今回の展覧会特設ショップ販売用に4個製作していただきました。

IMG_9299.jpg 

こちらの3点に加え、

IMG_4508.jpg IMG_4509.jpg IMG_4510.jpg


大人気の『世界の四大陸』トープの

キャリーバッグ対応2waysキャリートート。

素敵で便利で、それは美しい仕立てのバッグ。

すでに完売してしまいましたが、

フロリレージュのコーナーが華やいでいました。

バッグ作家shu shuさんのブログはこちらです


そして、いつもお世話になっている森の洋裁教室ミモザガーデンの

ミモザ先生には、いろいろなことで相談に乗っていただき、

アドバイスをいっぱいいただきました。

素敵なアトリエで、写真撮影も!

IMG_8958.jpg

 IMG_8974.jpg

ミモザ先生の大人気のブログで、

トワル・ド・ジュイ展もご紹介していただきました。

フロリレージュをオープンする前から、ずっと応援してくださるミモザ先生。

先生のブログでご紹介していただくと、いつも

たくさんの方がフロリレージュのブログを見にいらしてくださいます。

大人気のミモザ先生のブログはこちらから


パリと日本でワインと簡単おもてなし料理のお教室CEPAGEを主宰する

ピノミホさんには、FBで展覧会の紹介をしていただいたり、

お友達にお声かけしてくださったり、

いっぱい励ましていただきました。

ピノミホさんのおしゃれで美味しいブログはこちらから


こちらには、書ききれませんが、

オンラインショップ・フロリレージュのお客様、

インスタを通して仲良くしてくださっている皆様、

本当に、本当に、たくさんのみなさんに、応援していただいて、

助けていただいて、スタートまで漕ぎ着けました。

感謝の気持ちでいっぱいです。


ぜひぜひ、たくさんのみなさんに、

素敵なアンティークジュイを間近で鑑賞できる

またとない素晴らしい展覧会・

『トワル・ド・ジュイ展』を観にいらしていただけますように!


展覧会スタートからまだ一週間ですが、

なんと、、、

本当にありがたいことに、

ハギレセットもめがねケースも、めがねケースのキットも、

2waysトートバッグ、Shu Shuさんとのコラボバッグ、

ランプシェード、、、

すべて完売してしまいました。


しばらくはほっとひと息つけるかしら、、、と考えていましたが、

早速、追加納品のための製作に励んでいます。

IMG_9528.jpg

 IMG_9517.jpg

朝4時近くまで夜なべして製作しためがねケース。

ベッドに入る前に、ほっとひと息。

ランプの明かりで、ミセスの記事を読み、

モヒートをグラスに半分だけ^^

まだまだ、がんばらねば!



せっかく特設ショップにお立ち寄りいただいたのに、

お求めいただけなかったみなさま、

本当に申し訳ありませんでした。


明日22日の午前中には、

ハギレセット、めがねケースのキット、めがねケースが

特設ショップに到着する予定です。

これから、2waysトートバッグ、めがねケース、

シェード&ランプベースも製作いたします。


また、ブログやインスタに納品状況もアップいたしますので、

ぜひご覧ください。


それでは、フランスのトワル・ド・ジュイ美術館館長さんも、

大絶賛の文化村トワル・ド・ジュイ展。

会期は7月31日までです。

美しいアンティークジュイを間近で鑑賞できる

またとない機会。

ジュイの源流を理解できる展覧会構成も素晴らしく、

館内で観ることができるビデオもとても良くできています。

ぜひぜひ、会期中、何度も足をお運びくださいね~♪




par Florilèges*S



トワル・ド・ジュイ展初日プレス内覧会

『西洋更紗 トワル・ド・ジュイ展』始まりましたね。

昨日、初日、たくさんの方にご来場いただき、

本当にありがとうございます!


初日夜には、プレス内覧会が催され、

ジュイ美術館館長エスクラールモンド・モンテイユ氏による

ギャラリートークが行われました。

IMG_9383.jpg


ポーベル作 ジュイ鹿くん

ようこそ、日本へ!

また会えて嬉しい~。


この日は、プレスと関係者のみ来場のため、

注意事項を確認の上、写真撮影が許可されます。


これからいらっしゃる方々の鑑賞の喜びを損なわないように、

写真は加工せず、あえてスナップ写真風に掲載します。

ぜひ、間近で本物をご堪能くださいね。


会場最初のスペースは、ジュイの源流の間。

ベルギーから1600年ころのタペストリーと、

IMG_9384.jpg

インドの更紗が展示されています。

 IMG_9386.jpg

そして、京都の染司よしおかさんより、

IMG_9388.jpg 

インドのマハラジャ所有の更紗の展示。

インド更紗は、東に西に、アジア、ヨーロッパ、

どちらの人々も魅了しました。


日本にも、更紗は伝わり、

IMG_9394.jpg 

パッチワークの襦袢にも更紗のハギレも使われたり、

IMG_9395.jpg 

お茶道具の巾着にも使用されました。


モンテイユ館長から直々に、

IMG_9398.jpg 

本物のアンティークジュイを鑑賞しながら説明を聞きます。


昨年のクリアファイル柄、リボンとブーケの柄の生地は、

IMG_9401.jpg 

赤も青色も鮮やかで、

とてもいい状態で残っていることにびっくりしました。


ジュイ美術館で毎回鑑賞していた

IMG_9406.jpg 

このドレスたちも、ようこそ!

本当に夢のようです。。。


そして、休憩長椅子は、

IMG_9412.jpg 

なんと、バロン・ド・ゴネス、

気球柄のジュイが張ってあります。

素敵!

カタログは美しく、内容も充実していて、

ジュイファン必携本です。


優しい青色のシノワズリ。

IMG_9407.jpg 

当時貴重だった南国フルーツ

IMG_9410.jpg 

パイナップル柄のジュイ。

バロン・ド・ゴネスのオリジナルジュイ。

IMG_9419.jpg 


田園の楽しみのオリジナル!

IMG_9424.jpg


四季の喜びのとなりには、

 IMG_9426.jpg

柄をデザインしたJ.B.ユエの水彩オリジナルデッサン。

IMG_9427.jpg 


フランス革命後、ナポレオンとともに、

好まれる様式が変わり、ジュイのデザインも大きく変わります。

IMG_9411.jpg

 IMG_9421.jpg


最後のスペースは、

トワル・ド・ジュイの影響、余韻を楽しむ場。


IMG_9423.jpg 

美しいウィリアム・モリスのプリント生地や、

20世紀初めのラウル・デュフィ デザインによる生地も。

そして、布好き、ジュイ好きだったレオナール・フジタの作品も。


本当に充実した内容の展覧会。

素晴らしいです。


そして、特設ショップでは、

IMG_9431.jpg 

展覧会オリジナルグッズの数々。

フロリレージュのコーナーも。

IMG_9435.jpg 

素敵に陳列してくださっています。

受注製作の美しいお茶箱も、

IMG_9436.jpg 

実際にご覧になって、座り心地を確かめていただけます。


そして、渋谷の美味しいパン屋さんVIRONさんのコンフィチュール。

IMG_9437.jpg 

ジュイの帽子をかぶって、

プレゼントにもピッタリですね。

フレーズデボアには、

なんと最高級ジュイ『田園の楽しみ』ギャランスのシャポー。

良いものを!とこだわりのあるVIRONさんからの強いご希望で、

ご用意させていただきました。


素晴らしい内容の美しいカタログの横に、

IMG_9439.jpg 

フロリレージュのランプシェード&ベースが。。。

あまりに馴染んでいて、

お店の什器のようです^^

初日、たくさんのお客様に来ていただけて、

ショップの方たちも大忙しのご様子でした。


そして、展覧会を出てすぐのカフェ・ドゥ・マゴでも、

IMG_9440.jpg 

素敵なカルトナージュの先生たちの作品展示をご覧いただけます。

こちらは、こちらは、お世話になっております

アトリエ・アプレ・ミディの木下先生の素晴らしい作品です。

フロリレージュの生地『ジャルディニエ・ジャルディニエール』のコフレ、

おしゃれですね!


内覧会を終え、東急本店の外壁前、

ジュイ展のウィンドウを熱心に撮影されている方がいらして、

ドキドキ。

私ももう一回撮っちゃおう!

 IMG_9443.jpg
IMG_9444.jpg 

IMG_9445.jpg 

本当に素敵な展覧会です。

展覧会も、ショップも、スタッフの方々も、

なにもかも素晴らしいです。

どうぞ、みなさま、楽しんでくださいね。

きっと、もう一度、いえ、何度も、

足を運びたくなること間違いなしです。


par Florilèges*S

いよいよ!本日開幕~♪

梅雨らしい雨の一日だった月曜日。

傘を差しながら、見上げた見慣れた東急本店の垂れ幕に、

IMG_9358.jpg
 

トワル・ド・ジュイ展の予告幕を見つけて、

ああ、本当に始まるんだと実感。


あ、そうだ!と思い出して、

いつものように百貨店を突っ切って文化村に向かわず、

今日は、外壁沿いを進みました。


外壁ウィンドウにも、

IMG_9359.jpg

おしゃれなジュイグッズと一緒に

フロリレージュのめがねケースが飾られていました。

ドキドキ。

こちらは、銅板プリントによる人物柄ジュイのグッズのウィンドウ。


そして、木版プリントによる植物柄ジュイのグッズのウィンドウには、

 IMG_9360.jpg

黄色のオリエンタル植物柄イエローのポーチとめがねケースが、

素敵なiPhoneケースやニナスの紅茶と一緒に並んでいました。
 
ワクワク。。。


展覧会へは、こちらのエスカレーターで!

IMG_9364.jpg 

会場ではラストスパートで作業が進んでいました。

充実した内容の、本当に素敵な展覧会に仕上がっています。


文化村のみなさん、フランスのジュイ美術館の館長さん、

たくさんの方の熱意で実現する展覧会。

いよいよ、あと10時間弱で始まります。


詳細レポートは、また後日。


本当に素敵な展覧会。グッズも充実しています。

こんなに素晴らしい作品が一堂に会する機会は

そうそうないことでしょう。

ぜひ、じっくり、しっかり、そして、うっとりと

ご鑑賞くださいね。


par Florilèges*S

月別アーカイブ

06  10  08  07  06  04  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  01 

ギャラリー