光と新緑に包まれて~八瀬・瑠璃光院

先週初め、久しぶりにお出かけしました。

IMG_3990.jpg
 

グルナディーヌ ターコイズのエスパドリーユ、初おろし。

待ち合わせは、

IMG_3992(1).jpg

叡山電鉄 出町柳駅。

30年来のお友達Tちゃん、アトリエに来ていただく約束を、

前日に急遽変更して、

二人とも行きたいと思っていた場所へ!

八瀬比叡山口駅を出て、

 IMG_3993(1).jpg

高野川を渡って、

IMG_3996.jpg 

少し歩くと、

IMG_4003.jpg 

着きました。

IMG_4002.jpg

去年の新緑の季節からずっと憧れていた、 

IMG_4005(1).jpg 

瑠璃光院。

IMG_4006(1).jpg 

石の階をどきどきしながら、ゆっくりと上ります。

IMG_4007(1).jpg 

ふかふかの苔が

IMG_4009(1).jpg 

美しい緑の陰影で織り上げられた敷物のよう。

IMG_4010.jpg 

爽やかな五月の風、

IMG_4012.jpg 

緑の間から降り注ぐきらきら陽の光、

IMG_4014.jpg 

深呼吸が気持ちいい。

心がほぐれていくのを感じます。


靴を脱いでまずは書院二階へ。

階段を上ると、目に飛び込んでくる緑の山と青い空。

IMG_4015.jpg 

みなさん、思い思いの場所に身を置いて、

ゆったりとしたひとときを楽しんでいます。


階段を上がって左を向くと、

IMG_4017.jpg 

一年間ずっと恋い焦がれていた「緑の間(ま)」が、

思い描いていたとおり、

目の前にありました。

 IMG_4020(1).jpg

漆のローテーブルに映るモミジの緑。

IMG_4019.jpg 

日本って美しい。。。

日本人で良かったと、

心から思います。

IMG_4022.jpg 

このままずっと夕方まで、

光と緑の変化を感じて過ごしてみたい。。。

IMG_4025_20170514010130160.jpg

身を置く場所によって、漆のテーブルに映る景色が変わります。

磨かれた廊下にも緑が映り、

IMG_4026.jpg 

こんなにも自然と一体になれる建築は

日本ならでは、ですね。

IMG_4028.jpg 

瑠璃光院のある八瀬の地は、もとは大海人皇子が背に矢傷を負って、

この地の釜風呂で傷を癒されたといういわれのあ土地。

八瀬は矢背とも書くそうです。

癒しの地として、貴族や武士に愛された保養地に建つ

大正昭和の大改築による近代数寄屋造りの書院。

戦後の開発の波にのまれ、取り壊されるところを、

一千二百坪の土地とともに寺院として残すことで存続されるに

至ったのだそうです。


近年は、新緑と紅葉の時期に期間限定で一般公開されています。

IMG_4031(1).jpg 

光の向き、焦点の位置によって、

IMG_4032.jpg 

写真にすると、緑の色が微妙に変化するのも楽しい。

IMG_4034.jpg 

アンティークのガラスのように、

漆の揺らいだ表面に映る緑が、

揺れる水面に映っているかのよう。

IMG_4035(1).jpg 

瑠璃の庭に魔法をかける素敵な漆のテーブルは

シンプルな八人がけ。

凝ったデザインもなく、ただ美しい

漆という素材と職人による丁寧な塗り、

日本の美がここにありました。


階下へと降りる階段、ふと目を上げると、

IMG_4036.jpg 

雲一つない五月の青空と柔らかな緑に包まれた山並み。


日本のお風呂のルーツともいわれる蒸し風呂の遺構も見学できます。

IMG_4039.jpg 

IMG_4040.jpg 

そして、一階の間へ。

IMG_4044.jpg 

瑠璃の庭を一階から臨む。

IMG_4046.jpg 

緑に包まれた庭も、

空と山を借景とした眺めも、

どちらも目に優しく、心をほぐしてくれます。

IMG_4050.jpg 

網代天井も美しい。

IMG_4053.jpg 

臥龍(がりょう)の庭。

IMG_4055.jpg 

水の流れと石組みで、

今に天に駆け昇ろうとする竜を現したお庭。

IMG_4057.jpg 

磨き上げられた板の間で、

お茶をいただきながら、

時間を忘れてとりとめもないおしゃべり。

IMG_4060_2017051401151248a.jpg

池の鯉たちのランチタイムに、

 IMG_4061.jpg

空腹を思い出し、

IMG_4063.jpg

お庭を眺めながら、ゆっくりとおしゃべり。

気が付くと、お昼を回っていました。


和の庭に、エスパドリーユが映えます^^

IMG_4064.jpg 

群生するシャガの花に見送られて、

IMG_4067(1).jpg 

瑠璃光院を後に。


敷地の一角にある瑠璃光院管主さんがコレクションされた

ルイ・イカールの美術館も見学。

IMG_4068.jpg 

和モダンな空間に、アールデコを象徴するアーティストの一人、

イカールの軽妙洒脱妖艶な作品がゆったりと飾られていました。

二つの大戦の間のつかの間の平穏を

みな夢中で楽しんだ時代ーベルエポック。

華やかだけど、どこか物悲しい時代。。。

その儚さが日本の人の心をひきつけるのかもしれません。


あ~、本当にいいお天気!

IMG_4069.jpg 

レトロな叡山電鉄のボディを眺めながら、

IMG_4074.jpg 

おしゃべりしているうちに、一本乗り過ごし。

出町柳の漬物やさんが営む旬菜ダイニング 葵匠さんへ。

IMG_4075_201705140115240dc.jpg 

お野菜中心のヘルシーメニュ。

IMG_4076.jpg 

漬物のお寿司もとっても美味しい!

鴨川を渡って出町柳の駅へ。

IMG_4077.jpg 

年齢も手芸もヨーロッパ暮らしも、共通点いっぱいのTちゃん。

楽しいひとときを本当にありがとう~♪

IMG_4168(1).jpg

新緑の世界が美し過ぎて、

写真が選びきれず、今回もとても長い記事になってしまいました。

読んでくださったみなさま、ありがとうございました^^


瑠璃光院、春の公開は6月15日までだそうです。

こんな素敵なところがあることを

教えてくださったRさんに心から感謝しつつ。。。

par Florilèges*S



コメント

うっとり

うっとりですね。言葉を失う美しさ…写真もとてもきれいに撮れていますね。私もいつか行きたいわ…

素敵!

長文お疲れ様でした。
本当に素敵なところですね。
写真に撮りたくても人が多いと撮れなかったりするけど、すいていたのですか?
こんなところで緑を眺めて私もまったりしたいです。

ぜひ!

zukkoさん

本当に素敵なところなんです。
ぜひぜひいらしてください!
目に眩しい新緑に心から癒されました。
来春、一緒に行きましょう~♪

おすすめです~♪

西ノ森さん

コメントありがとうございます。

GW明けの月曜日でしたが、たくさんの方がいらっしゃっていました。写経されている方もいらっしゃいましたよ。

みなさん、撮影スポットを意識して、
お庭側には座らず、
お庭に向かって、ローテーブルから少し離れたところから
座って鑑賞されるのです。
だから、写真には人が写り込まないのです。

出町柳から30分足らずのところなのに、別世界でした。
一般公開は6月半ばまでですが、
ぜひぜひ、5月のうちに、
蚊が多くなる前にいらしてください^^

心に染み入る新緑の庭と数寄屋造りの書院、
本当におすすめです。

No title

こんにちは! 私も念願の瑠璃光院行ってまいりました。
梅雨時期なので半ばあきらめておりましたが、なんとか滑り込みセーフでした。5月よりも、さらに緑が濃くなって素敵でした♪
しばらく余韻に浸ります(^^♪

私もまた行きたいです~。

maronさま

いらしたのですね!
梅雨入りして以来、雨が降らず、爽やかなお天気が続いていますから、さらに緑濃いお庭は素晴らしかったことでしょうね!

私もまた深呼吸しに行きたいです。
春夏の一般公開は、昨日まででしたね。
今度は秋に行ってみようかな^^

私もずっと5月の余韻の中にいます。
本当に素敵なところですよね~♪
非公開コメント

月別アーカイブ

06  10  08  07  06  04  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  01 

ギャラリー