スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素敵なハーバリウムの本をご紹介します~♪

以前にブログでも、何回かご紹介したことのある

Natural Harmony 高津祐子さん が作品と解説をご担当された

ハーバリウムの本が出版されました。

IMG_8106(1).jpg
 

IMG_8108(1).jpg

高津さんの、ありとあらゆる植物への愛が詰まった一冊。

野の花、木の実、果実、野菜、

すべてが光とともに透明なガラスの器に閉じ込められて、

 IMG_8115(1).jpg

ページをめくる喜びを感じるそれは美しい本です。


美しい作品の数々はもちろんのこと、

ハーバリウムと植物を生活に生かす知恵・情報も充実。

IMG_8122(1).jpg 

ドライフラワーを活かすボタニカルクラフトのページでは、

 IMG_8128(1).jpg

キャンドルやワックスサシェ、

押し花アートのアイディアなど。


そして、ハーバリウム研究のページでは、

IMG_8129(1).jpg 

ハーバリウムの歴史やオイルのこと、

詳しく説明されています。

オイルの種類別実験データにはびっくり!

ハーバリウムの先生やハーバリウムをもっと極めたい方にも

貴重な情報ですね。


そして、もうお気づきの方もいらっしゃるでしょうか^^

実は、フロリレージュも少しだけご協力させていただいたのです。


今年初めのこと。

フロリレージュのアトリエに

高津さん、編集のkさん、カメラマンさん、アシスタントさんが

いっぱいの作品とともにお越しくださって、

朝からアトリエのあちこちで撮影。

IMG_7044(1).jpg 

撮影中のスナップ。

自然光が一番だそうで、

こんなに影になっている場所でも、

カメラマンさんの魔法でそれは美しい写真になるんです。



もともとそこにあったかのように、

お気に入りのアンティークたちとしっくりと馴染む

高津さんのハーバリウム作品。

どんな写真になるのか、

私も、本の完成を心待ちにしていました。

実際の本のお写真の方がずっとずっと美しいので、

ぜひ本をご覧いただきたいのですが、

高津さん作品 IN フロリレージュのアトリエ写真を

少しだけご紹介しますね。

IMG_8116(1).jpg 

上のスナップ写真で、カメラマンさんが撮られた写真がこちら。(写真左)

IMG_8117(1).jpg

お気に入りのコンソールの上で。

IMG_8119(1).jpg 

カルトナージュの刷毛もそっと写り込んで。

IMG_8120(1).jpg 

座面に彫りが施された椅子と。

IMG_8123(1).jpg 

ヴァンヴの蚤の市で見つけた金彩の美しい

小さなコンソールと丸箱とともに。

IMG_8124(1).jpg  

4年暮らしたサンノン村のアンティークフォトパネルの前で。


私の愛してやまないフランスの小物たちを

高津さんの素敵な作品のわき役として

こんな美しい写真の中に登場させていただけて

本当に嬉しいです。



ぜひ『ハーバリウムとボタニカルクラフト』

主婦と生活社

お手に取ってご覧くださいね。

植物を愛する方にとって、

本当に素敵で役に立つ本だと思います。



アトリエで撮られた写真は、全部で12枚あります。

探してみてくださいね。

ジュイも一緒に写っている写真もありますよ^^


最後のページには、

IMG_8109(1).jpg

フロリレージュもご紹介いただいています。

高津さん、主婦と生活社のみなさま、ありがとうございました。 


IMG_8107(1).jpg 

本の裏表紙もおしゃれですね。


雨模様の日本列島、

ガラスと植物が作り出す光あふれる小さな宇宙に

しばし誘われてみませんか~♪




par Florilèges*S

コメント

非公開コメント

月別アーカイブ

06  10  08  07  06  04  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  01 

ギャラリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。